平成30年10月10日 さつま芋掘りをしました

園舎の裏側にあるさつま芋畑で芋掘りを行いました。3歳児から5歳児の子どもたちは長靴を履いて、畝と畝の間に入っていよいよ芋掘り開始。茎の残った周りの土を手で少しずつ取り除いていくと、おいしそうなさつま芋が顔を覗かせます。しかし、ここからが大変!芋は土深く、数本がひとつの茎から育っているので、ちょっとやそっとの力では抜けません。それでも根気強く周りの土を取り除いていく子どもたち。奮闘する子どもたちに途中からスコップを手にした職員が、ちょっと手助けをして何とかひとりで芋を掘り出すことができました。その時の「やったー!」「とれた~!」という子どもたちの満足した顔は私たち職員にとっても喜びの瞬間です。

掘り終えた後の片付けやお芋運びは、5歳児の子どもたちが最後まで頑張りました。この日の給食でふかし芋を食べ、お土産に大きめの芋を1本おうちに持ち帰りました。

◎この畑のそばに大きな栗の木があります。元園長先生が子どもたちのために植えてくれた大切な栗の木です。毎年子どもたちと栗拾いをし、たくさん集まると給食調理員さんがゆでて給食時間に食べていました。ところが、今年は異変!もうすぐ栗拾いができると子どもたちが楽しみにしていたのに、拾う栗が見当たりません!熊かな…? 狸かな…? それとも…?来年は、子どもたちが栗拾いできるような対策をとらなければ‼と思っています。

 
   園長先生のお話を聞く子どもたち       いよいよ芋掘り開始!どんなお芋が掘れるかな?

 
              なかなか抜けない。でも、がんばるぞ!

 
みんな根気強く土を除いています      この後、たくさんのお芋の収穫がありました

お知らせ箱
連絡先

学校法人下条学園
 幼保連携型認定こども園
  むつみこども園
新潟県十日町市下条3丁目209番地
TEL:025(756)2424
FAX:025(756)2460

アクセスカウンター
  • 全体: 27837(106294)
  • 本日: 9(23)